会社の仲間とワイワイ~日帰りバーベキューの旅

バーベキューで会社の仲間と絆を深めるための下準備ガイド

とことん道具にこだわる~バーベキューマスターへの道

2016年09月18日 16時46分

バーベキューをしたいと思ったら、道具一式を揃える必要があります。例えばホームセンターなどに行けばお手軽なセットを購入することはできますが、いざ使ってみると使い勝手が悪かったり、まるで使えなかったりということがよくあります。

こだわりを持って選ぶことで気持ち良くバーベキューをしたいものです。
バーベキューコンロにもとてもたくさんの種類があります。炭との距離が近すぎたり遠すぎたり、焼くのに苦労するコンロもあるので、ここでも道具へのこだわりを持ちたいです。安価なものは塗装が一回ではげて見た目が著しく悪くなることもあります。

そこそこ以上の値段の物と、メーカーにも注意をすべきです。道具を選ぶ際、見た目の格好良さは意外と大事です。どうせやるなら機能性に加えて、格好良く、スタイリッシュにという面でもテンションを上げましょう。焼く時のトングも短すぎるものはNGです。単純に手が熱く、軍手などをしないと焼けたものではありません。かといって長すぎても扱いづらく、手がすぐに疲れてしまいます。男性なら30センチ位のものがおすすめです。

スマートに焼くためには、火起こしにもこだわりたいです。炭を中で組み上げて着火剤に火をつければ数分でできあがり、という道具も出ているので活用すると良いです。少し火をつけてうちわで豪快に扇ぐのが好きな人はもちろんそれでも構いませんが、効率的にやるなら良い道具がたくさんあります。

終わった後の後片付けもバーベキューの大きなポイントです。コンロの底に敷くアルミのシートを用意しておけば、後の掃除が格段に楽です。ゴシゴシ洗えるスペースがないところも多いので、後片付けはできるだけ簡単に済むような準備が肝要です。

効率良く、スマートにバーベキューをするための道具をセットで揃えておけば、当日慌てることもありません。